充実した進路バス学会

自分状況進路についてめていくで、けていかなければならないということが理解できました。進路についてもっとよくえていかなければならないといました。様々なことをんでいくことで自分にできることやきたい仕事などをしてめていこうといます。

ものすごく学校で、様々分野があり、途中ですれちがう学生ているととてもしそうにしていて、もこんな生活をしてみたいといました。

2日進路バス学会われました。当日は、天候にもまれて気持よく見学することができました。文章は、見学した生徒からいたものです。
大学、短大、専門学校に行った生徒からの感想

●やっぱり実際学校見学くのが一番だとじた。部活引退した、どんどんこういった学会などに積極的ってみたいです。

●ぼんやりとしていた進路今日いてだいぶ具体的えることができました。

●まだはっきりとした将来えていないので、時間ないけど、めてもう一度えてみようとった。

となくんだ学校でしたが、進路について真面目えようとえました。

企業へ見学に行った生徒からの感想

職場見学してめてはたらくことに責任感たなければなとった。

高校生社会人では責任重大さがうということがよくかった。

までは「仕事なんてでもいいや」とっていたが、学会じて真剣ることができた。

までの自分では会社採用されないといました。まずは挨拶だしなみ・服装からしていきたいです。