ミノワホームボランティア
    


ミノワホームでボランィテア活動体験を行いました。
短い時間でしたが、高齢者の方々とふれあうことができました。

お忙しい中、貴重なお話や、見学含め、
多くの体験をさせていただき、
様々なことが学ぶことができました。

ありがとうございました

  


今回、バレーボール部活動の一貫として、ミノワホームの高齢者の補助ボランティアを行いました。バレーボール部の活動方針である「貢献の行動から良い感情が生まれ、次の行動するためのエネルギーを作り出す。」を生徒主体的な学びである体験活動から学習することを目的として行ったものです。 高校生自身は介護のボランティアが初めての体験ということや、高齢者と生活をしていない家庭が多く、普段接することが少ないために緊張していました。

 活動を終えた後の高校生は、参加する前からは比べものにならないくらいとても良い表情をしており、想像できないほどの達成感を味わうことができました。 特に苦手なことや出来ないことが出来るようになると自信につながり、「人のためになる行動が幸福感や充実感が生まれることを肌で感じ、何でも出来る感情が生まれました。」 次の大会や活動に向けて新しい意欲が芽生え、一歩前進した感じがしました。

 馬場様をはじめ、ミノワホームの皆様、本当にありがとうございました。





部活一覧へ戻る
HOMEへ戻る
2014年度 第2回愛川杯      ミノワホーム介護体験

2015年度 第3回愛川杯      愛川幼稚園一日保育士

2015年度 第4回愛川杯

2016年度 第5回愛川杯

2016年度 第6回愛川杯